D.S.Pコーポレーションで、安心と快適な介護リフォーム

悪徳業者にご注意を・・・

介護リフォームを実際行うに当たって、まずしなければならないことが業者選び。ところが、選んだのが悪徳業者であるかどうかは、素人には判断が難しいものです。そこで、悪徳業者を見分ける、6つのポイントをご紹介しましょう。

大雑把な見積書には注意!

見積もりをお願いしたとき、「リフォーム代一式 000,000円」といったように、大雑把で費用の詳細や材料の数量などが記入されていない場合は、悪徳業者の可能性が大。

大幅な値引きは疑うこと!

リフォームには定価というものがないため、どのくらいの値引きが可能なのかは会社によって異なるものです。でも、10%以上もの大幅値引きが可能なところは、最初から上乗せした見積もりを出していると考えられます。

不安をあおるのは怪しい!

飛び込み業者などでよくあるのが、「屋根が傷んでいて、雨漏りしますよ」とか、「床下が腐っています」などと不安をあおるような言い方をして契約を取ろうとするものです。ときには、偽の写真を見せることもあるので気をつけましょう。

専門用語の羅列には裏がある!

素人にはよくわからない専門用語ばかりを使って説明するのは、いかにもプロであるかのような印象を植え付けるため。実は逆に、介護リフォームの知識がない場合が多いのです。素人が納得できるような説明をしてくれないようであれば、疑った方が賢明です。

「独占商品」には気をつけて!

「うちだけでしか買えません」などと特別感をアピールし、相場価格よりもはるかに高い商品を勧めてくる悪徳業者もいます。とくに、耐震補強に用いる金具などは相場の値段もわかりにくく、工事自体も床下や屋根裏で行うため確認しづらいので、やたらと勧めてくるようであれば要注意。

「近所でリフォームをしています」はよくある手!

近所で工事らしきものをしていないのに突然訪問してきて、「近所でリフォーム工事をしているものですが、今一緒にやればお安くできます」と言われることがあります。これはまさに、全国を転々としている悪徳業者の代表例。本当にご近所でリフォーム工事をしている場合は、そのお宅の名前が記載された挨拶状などを必ず持って挨拶にくるはずです。

トップへ

© Copyright D.S.P corporation inc. - All Rights Reserved