神奈川県藤沢市 O様邸 ピアノ室

神奈川県藤沢市 O様邸 ピアノ室

お部屋の広さ 約4.2畳(内寸面積)
遮音性能 室内 D-50 程度 /2階 D-55 にて設計(開口部除く)
防音室の用途と使用楽器をお教えください。

防音室は主にピアノの練習とレッスンに使用しています。
YAMAHAのグランドピアノ『C2』というモデルを使っています。

練習以外の用途で使うこともあって、家族みんなで一緒に歌を歌ったりすることもあるんです。

竣工後の防音室

防音室を計画された経緯についてお教えください。

落ち着いて練習できる環境が欲しかったのと、 将来的に家族の生活空間とは分ける形で自分のピアノ教室を持ちたかったので、それには防音室が必要になると思ったからです。

完成した防音室をご覧になって、率直な感想をお聞かせ下さい。

出来上がったばかりの、カーテンもピアノも入っていない状態のお部屋は音がすごい響くなという印象でした。
もしかしたらピアノを入れた状態でも響きすぎてしまうんじゃないかな……と正直なことを言うと不安を感じてしまったのですが、現場監督の方が「カーテンとカーペットを設置すれば大分変わりますし、それでも響きが気になるようであれば吸音パネルを設置するという方法で音響調整出来る様な仕様になっていますよ」と説明をしてくれたので安心しましたね。

竣工後の防音室

見積りは何社に依頼されましたか?

5社にお願いしました。
その中で実際に見学に行ったのはD.S.Pさんを含む二社でした。
もう一社の方はショールームを見学しました。
D.S.Pさんは個人宅を見学させて頂きました。

防音室施工を当社にお任せいただいた理由は?

自宅と同じサイズのお宅を見学させて頂いて、防音室を作ったらこういう風になるんだと体感できたことが大きかったですね。

ショールームだと自宅の部屋との大きさに差がありすぎるのと、実際に防音室を自宅に作った場合と防音の性能や、音の反響がどうなるのか想像がつきにくくて、実際に作ってみないと性能がわからないものに何百万も払えないな…と思ったんですよ。

それと、主人にショールームの外にいてもらって音が漏れていないかを確認してもらったところ「結構音が漏れていたよ」と言っていたのですが、D.S.Pさんに見学させて頂いたお宅のお部屋だと全く音が漏れていなかったんです。それが決め手になりました。

お打合せでの当社スタッフの対応や説明はいかがでしたか?

すごく親切でしたよ。作業の進め方を丁寧に説明してくれました。
杜社長と現場監督の方が建設会社に引き継ぎをする際、その建設会社の方とプロ同士でお話をしてくださって、とにかくすごく色々やって頂いて本当にありがたかったです。

防音室のプランニングの際、特にこだわった点はございますか?

とにかく音が漏れない防音室にすることですね。
D.S.Pさんなら大丈夫だと思っていました(笑)
あとは窓ですね。
窓は大きい方が好きという人のが多いと思うのですが、私は人の視界が気にならない小さい窓の方が良かったんですよね。

< 竣工後のピアノ練習室 >
竣工後の楽器練習室 竣工後の楽器練習室
イメージCGは参考にされましたか?

はい。見せて頂きましたが、完成したらどうなるかワクワクしましたね!(笑)

音響の面はいかがでしょうか?

現場監督の方が仰っていた通り、カーテンとカーペットを入れたら音が吸収されて、それでも高音が多い曲など演奏する曲によっては響いてしまうこともあるかもしれませんが、そんなに気にならなくなりました。

竣工後の防音室

竣工から1年半以上経ちましたが、近隣の反応はいかがですか?

近隣の方はピアノを演奏することを知っていて「気にしないで弾いてくださいね」って言ってくださって、実際に22時くらいまで弾いていました。でも、全然音は漏れていないみたいで、苦情を受けたこともないですね。

防音室完成後のエピソードがあればお聞かせください。

家族3人でこのお部屋に入って私が演奏して、主人もそれを聴いて、3人みんなで防音室のある暮らしを楽しんでいます。
子供もハーモニカをこのお部屋で吹けば怒られないとわかっているみたいです(笑)

練習する環境や時間帯は変わりましたか?

変わりましたね!
夜の21~22時を確実に練習に充てられるようになって、その一時間がすごく大きいんです。

実家で練習していた時も人の出入りがあるので、一時間くらい自分の音をガッツリ聴いていられることってあまり無くて、あとは職場の音楽教室でレッスンの合間に練習している感じだったので、今の練習できる環境がすごい楽しくてありがたいです。子供が寝静まった後にも弾けますしね。

これから防音室を考えられている方に向けてアドバイスがあればお願いします。

防音室は仕事の環境としては集中できて凄く良いと思います。
扉をしっかり閉めてしまえば音楽しかない空間なので、仕事をする空間として持つのはおすすめですね。 ついつい没頭しすぎて自分が母親であることを忘れそうになることもあるんですけど(笑)

あとは仕事場と生活空間を分けるのが大事だと思っていて、芸術をやる上ではあまり生活感を感じないように切り離した方が良いと思うんです。「風が心地良い」とか「光がきれいだ」とかそういったことを表現する曲もあるわけじゃないですか。

自分の音を集中して聴ける貴重な空間になるので、曲に合った音色を出したい、自分の音を作りたいという生徒さんにとっても良い環境なんじゃないかな、と思います。

O様ご家族

O様、本日はありがとうございました。
もし音響変化でお困りになられる事などがありましたら、いつでもご相談ください。
ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

一覧へ戻る

© Copyright D.S.P corporation inc. - All Rights Reserved