東京都足立区 M様邸 ファゴット防音室

お部屋の広さ4.3畳
遮音性能室内 D-50
屋外 D-60(開口部除く)
D.S.P

今回は、マンションでのファゴット防音室です。

入り口をサッシにすることで、開放感のある防音室となりました。

楽器練習室以外にも、様々な用途で利用できると、喜んで頂きました。

管楽器防音室での使用楽器とおもな用途のご紹介

家内が、ファゴットを演奏します。
また近々、アップライトピアノを置こうかと思ってます。

私自身はまだ何も演奏したことが無いので、
ピアノが来たら教えてもらおうかと思ってます。

管楽器防音室を造るきっかけ

もともと家内が、オーケストラでファゴットを演奏していました。


以前住んでいた実家の方では住居が密集した環境ではなかったので、 割とまわりを気にせずに練習ができました。


このマンションに引っ越してからは、 近隣に迷惑がかかるので練習できませんでした。

それで、楽器が練習できる場所を作ってあげたかったというのがあります。

あとは私が友達と飲んで騒ぐときにも使えるかなと思いまして。 (笑)

またパソコンも設置しましたので、静かな環境で勉強したり、書斎など、楽器練習室としてだけでなく多目的に利用できるかなと思いまして。

管楽器防音工事前の近隣の反応

楽器の練習はしていなかったので、特に苦情やトラブルはなかったです。
建物自体、テレビやステレオなど、ある程度の生活音は漏れないようにできていると思います。

ただ、ファゴットは重低音が響き、振動も含めて大きな音が出ますので、何も対策をせずに演奏するわけにはいきませんでした。

それで、2年くらい演奏しませんでした。

スタジオに行くこともできましたが 、費用がかかりますし、ファゴットという楽器は6kgほどあります

重いので簡単に持ち歩くというわけにもいきませんでした。

それで、造ろうと考えました!

管楽器防音工事業者選びのポイント

単に内装や建築の会社ではなく、音についてきちんと理解している会社が良いと思いました。

それで各社のホームページの内容を吟味して、音や防音の事について詳しく書かれている会社を2社まで絞って、見積を依頼しました。

弊社の対応や資料等について

とても良かったです。
見積の段階でかなり詳しく説明してくれました。

防音工事の内容だけでなく、音が漏れない仕組みなどを細かく教えてくれました。

マニアックなことも、こちらが訊く前にいろいろ教えてくれました。
防音や防音工事、そして、音響関係にしてもプロだと思いましたね。

弊社に決めていただいた理由

防音や音に関しての専門性が、決め手になりました。
任せて安心かと思いまして。

失礼だとは思いますが、 他社さんはそこまでマニアックではなかったです。

管楽器防音室の設計にあたり特にこだわった点

防音室でありながら、自分の書斎としても使おうと思ってましたので
このPCモニタが据え付けられている部分ですね。

また、こだわりというか、提案していただいたスポットライトは雰囲気が出ますし、良かったかなと思います。

防音室の入口に、サッシを提案してくれたのも良かったです。

普通の部屋としても使いたかったので、 防音室特有の厚い扉はちょっとと思っておりましたし、使わないときは開放して風通しを良くしたかったので。


ドアだときっと邪魔になっていたと思います。
開放感も全然違いますね。

管楽器防音工事が始まった時に不安だった点

工事初日は居りましたが、特に問題や不安はなく、
もう居なくてもいいかなと思いました。

部材の搬入などでも、特にまわりから苦情を言われたことはなかったですね。

現場監督、職人の対応

良かったですね!

ファゴット防音室をご覧になった時の感想

普通の部屋と変わらないというのが一番の印象ですね。

防音室っぽくないです。 実際に友人とかに見せても 言わないと、防音室だと気が付きません

防音工事の工期

早め早めで対応して頂いて、安心してお任せできました。

毎日家に帰ってきて進捗を見るのが楽しみでした。

ファゴット演奏時の遮音性能や音質

どれくらい外に聞こえないかは、まあ家内は演奏しているからわからないんですけど(笑) 

夜楽器を演奏していても、リビングの方には聞こえませんので、安心して練習してもらっていいかと(笑)

昨日も、22時くらいまで練習してましたが、外にも漏れず、周囲からの苦情もきませんね。

室内音響について

そうですね、物を入れたりすると変わるのかも知れませんが、今のところ不都合などはありません。

内装デザインについて

そうですね、希望の通りにいったとおもいます。
緑が基調でフレッシュなお部屋だと思います。

生活スタイルの変化

いつでも練習できるようになったのは大きいです。

気が向いたらすぐに演奏できるのは良いですね!

防音室検討者へのアドバイス

防音室を造るなら、早く作った方がいい!

うちも、もっと早く造ればよかったと思いましたね。


前々から考えていたのですが、
ちょっと決断までに時間がかかってしまいました。
早く作った方が、早く楽しめますからね。

工事は、すべてお任せですし(笑)
工期も思ったより早く、あっという間に終わった感じでした。

ありがとうございました!

これを機に、今後も音響調整など、何でもご相談頂ければと思います。
これからも宜しくお願い致します。