遮音・防振設計の必要性|防音室に役立つ知識3

遮音・防振設計の必要性

防音室では、壁・天井・床の遮音・防振構造(浮遮音層=ふしゃおんそうが必ず必要となります。


浮遮音層とは、音楽ホールや録音スタジオなど高い遮音性能が要求される場合に施工する遮音構造で音や振動を衰退させる効果を持ちます。

D.S.P

なんだか、むずかしい….です。

一言で言えば、二重構造の壁などの事です。

防振材とこれで支持される質量の大きい面材で構成されます。
浮床、浮壁などがあります。


音は床を伝わり、また壁や天井、床に入射した音が物体内に伝わり隣室に放射するためです。

音が伝わるイメージ

「防音」とは完全に音を遮断するのではなく、『聞こえる音を小さくする』事とお考えください

D.S.P

理屈では、ほとんどと言ってもいい程、完全に音を遮断することは可能です。

しかし、現実は防音層を何重にもする事になりますので難しいんです・・・

防音は、音のパワーと振動を考える必要があるのです。

弊社にも、「夜中まで、楽器を24時間いつでも練習したい」という内容のお問い合わせを、非常に多くいただきます。

建物の構造や環境などを考慮し遮音性能や使用用途に合わせた性能設計と施工をしなくてはなりません。

防音の目的に合わせた施工が大切です

近年、マンションなど集合住宅の防音対策や騒音対策が増えてます。

マンションは床・壁・天井がそれぞれ1枚で隣の家庭と接していますので、考える事も多く確かな防音工事をしなくては近隣トラブルにも繋がります。

しかし、マンションだけではありません。一戸建てだからといって安心は出来ません。

お隣との間隔が狭かったり、住宅密集地域でのトラブルは増加傾向にあります。


当然といえば当然、マンションよりも木造一戸建てであれば、建物そのものの遮音性能が、低いんですから・・・

一生に一度の高い買い物。


近隣と騒音トラブルで悩まされるのは困りますね・・・

ピアノの音やドラムの音は、
 ・アマチュアで100dB前後位、
 ・プロなら100dB~120dBにもなります。

もちろん、楽曲や男性と女性・経験等でも変わりますが・・・

何より楽器やスピーカーは振動が伝わりやすく、低音は特に振動が周囲に影響を与えます。

音を伝える道具ですから当然です。


スピーカーやアンプの特性と音の反射・吸音を、好みに合わせて設計する防音室がオーディオルームやホームシアタールームになるわけです。

レコーディングスタジオやライブハウス、ダンススタジオなどはなおさらです。

そして、何より防音性能をアップさせるとコスト面もアップします。
他にも、部屋の大きさが狭くなるなどの課題も出てきます。

防音するには、重さも重要な要素になります。つまり、荷重も考えなければならないんです。

当然、基本的な考え方の中に荷重もありますので、RC造よりも構造的に弱い木造での防音室は、1階が工事をする上で理想的な設置場所という訳です。

楽器練習室に限らず防音室を造る場合、基本的に今ある建物の中に防音層を1層造り、そこを防音室にするという事です。

ドラム室ライブハウスダンススタジオは、その中にもう1層防音層を造る事がほとんどで、より性能の高い防音層が必要になります。


間単にいえば、部屋の中に部屋を造り、その部屋の中にもう1つ部屋を造るイメージです。

知って得する音の事

防音室は、使用用途によっても設計の方法が大分変わってきます。

音や防音の事、仕様や費用の事など、知識として少しでも理解して頂ければと思います。

是非、防音に関する豆知識もご覧下さい。