室内騒音と室内音響設計|防音室に役立つ知識4

室内騒音について

外部からの騒音や内部の設備騒音が、よりよい防音室空間の環境を左右します。

内部の設備騒音を示す値として、「NC値」で評価します。

NC値とは?

NC曲線

交通騒音など、窓や壁を透過してくる外部からの騒音や、空調機やエレベータ等、内部の設備騒音を「室内騒音」といい、より良い防音室空間の環境を左右します。

この室内騒音を表す値として「NC値」を用います。

NC(Noise Criteria)値 は、
アメリカの音響学者、L.L.Beranek(ベラネック)氏が提案し、オフィス内騒音(空調騒音などの広帯域スペクトルを持つ定常騒音を対象)の実態調査と、そこで働く職員へのアンケート調査を基にまとめられました。


室内騒音は、外部(施工場所)の事前調査を踏まえ、NC-20~30を目標に設計・施工する必要があります。

室内騒音について

室内の響きについて

防音室の響きにはバランスが重要です。

響きが強すぎると演奏の妨げになり、極端に響きが少なすぎると音楽に違和感が生じてきます。

吊り下げ式音響調整パネルを使うことによって、お客様のお好みの響きに調整することができ快適な音環境を作れます。

最適な残響時間を、下記の式にて求めることができます。

平均吸音率を20~30%にすることで最適な残響時間になります。室内の容積が増えれば最適残響時間が長くなります。

最適残響時間

幅×奥行き×高さ容積表面積最適残響時間
4.5畳2.7m×2.7m×2.4m17.5m³7.29m²0.20~0.31sec
6畳3.6m×2.7m×2.4m23.3m³9.72m²0.21~0.34sec
8畳3.6m×3.6m×2.4m31.1m³12.96m²0.23~0.37sec
10畳4.5m×3.6m×2.4m38.9m³16.2m²0.25~0.39sec
20畳7.2m×3.6m×2.4m62.2m³25.92m²0.27~0.43sec

音響障害の防止

快適な音空間を実現するためには、“響き”だけではなく、音質を悪くする反射音を無くすことが必要です。

特に、平行する大きな反射面がある場合は音響障害となりますので対策が必要となります。

並行する大きな反射面の対策