スタジオ

東京都中野区 Estudio Armonia Flamenca(スタジオ アルモニーア フラメンカ)

スタジオ

東京都中野区 Estudio Armonia Flamenca(スタジオ アルモニーア フラメンカ)

スタジオの広さ12.26帖(内寸面積)
遮音性能外部D-70(開口部除く)にて設計

Estudio Armonia Flamenca 公式サイト

竣工から1年弱ほど経ちましたが、完成したスタジオをご覧になって、率直な感想はいかがでしたか?

リフォーム前の和室だった頃からかなりガラっと変わっていまして、大衝撃で、言葉に出ないくらい素晴らしいと感じました。
引渡し時の測定検査で、スピーカーから大音量の音を流した際、外に出て聞いてみても全く聞こえなくすごくびっくりしましたね。本当に嬉しかったです。

スタジオをご計画された経緯、きっかけを教えてください。

私はフラメンコギターを職業にしているので、いずれは自宅スタジオが必要かなと思い、物件を探しておりました。
地下室のあるこの物件を紹介してもらったときに、防音スタジオにできそうと思い、リフォームを検討しました。

インタビューにお答えいただく、フラメンコ ギタリストYŪNA様

スタジオ施工をD.S.Pにお任せしていただいた決め手を教えてください。

防音室の施工方法や換気・湿気対策、フラメンコの踊りのための床材など全てが初めてのことで、ネットで情報を調べるのにかなりの時間がかかりました。
防音専門業者さん数社にご相談させていただいたのですが、「やってみないと防音できるかわからない」と言われたこともあり、不安ばかりでした。

フラメンコの踊りは、特に足の音がポイントなのですが、床に響く音はかなりの音になります。この近所は昼間でも静かな住宅地のため、防音ができなければスタジオの意味がありません。

施工費用も高額ですし、失敗したらやり直しがきかないし、ギャンブルじゃないですけど、、、
スタジオをお持ちの踊りの先生方のところへ足を運び、スタジオ見学をさせてもらい、お話を伺ったりしました。

そうこうしているうちにD.S.PさんのHPに出会い、たくさんの施工事例を見て、ここなら大丈夫そうだなと思いすぐにご連絡しました。
杜さんの説明はとてもわかりやすく、何を聞いても信頼性のある回答をいただき、悩んでいたこともあっという間に解決ができたため、スタジオ施工をお願いすることにしました。

D.S.Pスタッフの対応はいかがでしたか?

杜さんの「少しでも疑問があったときは、何でもすぐに聞いてくださいね」っていうお言葉には、本当に感動しました。
施工中も、こちら側の気がつかないようなことや、レンタルスタジオにする場合の鍵のアイディアなどを詳しく教えていただいたり、現場スタッフさんたちの丁寧な作業や、毎日してくれる細かい作業報告も本当に素晴らしいなと思いました。

スタジオ完成後のエピソードがあれば、教えてください。

スタジオライブもできますし、出演するメンバーさんたちをスタジオにお呼びして、思う存分練習ができています。
踊りの方の足音も、カホンの音も丁度良い反響音でばっちりです。踊りの方からは、床材の硬さ音の感じも丁度良いねと気に入っていただいています。
友達が夜ワンちゃんを連れて遊びに来たときも、どれだけ吠えてもOKですし、楽しそうに走り回っていました。

2階はスタジオ練習後に飲食しながら休憩できるカフェ&バルになっています。
お酒が入るとどうしてもお喋りのトーンが大きめになってしまうので、近所迷惑にならないよう、2階の全ての窓も防音効果のある二重サッシに施工していただきました。
話し声はもちろんのこと、軽くギターを弾くくらいなら外にはほぼ聞こえませんし、断熱効果もばっちりです。

2階のカフェ&バルでは、スペインを感じながら飲食を楽しむことができる

スタジオが完成してから、生活スタイルに変化はありましたか?

自宅の自分の部屋は防音室ではないので、深夜に生ギターを弾くことはできずに、サイレントギターにイヤホンをして練習をしていました。
スタジオができてからは、練習に夢中になりすぎて朝の5時まで弾いていることも。時間や音量を気にしなくていいので、やっぱり前よりものすごく集中が切れない感じです。

あとはリハーサルがしたいっていうときに、すぐここで練習できることが最高ですね。

地下のスタジオへと続く階段

ご近隣の反応はいかがでしょうか?

苦情などは1回もないです。
一番気になるのは、夜の玄関の出入りですよね。そのためイベントは週末だけにして、平日にはやらないようにしています。注意書きを貼ったり、私も「すみません、ここ住宅街なので」と小声で声をかけ、気を付けています。

YŪNA様がギターを始められたのは、おいくつくらいの時ですか?

小学1年生の6歳頃ですね。
最初はクラシックギターからでした。小学4年生の頃に初めてパコ・デ・ルシアという、フラメンコ界では神様と呼ばれているギタリストの演奏を聞いて衝撃を受け、そこからフラメンコギターに変わりました。

https://dspc.co.jp/wp-content/uploads/2022/02/logo01.png
D.S.P

クラシックギターとフラメンコギターには大きな違いがあるのですか?

使われている木材自体が違く、弦高の高さ等も違います。クラシックギターでフラメンコを弾くこともできるんですけど、音が違いますね。

またフラメンコギターにはゴルペ板っていうものが貼ってあり、ボディを叩く際、ギターが傷つかないようになっています。クラシックギターにはついていません。

フラメンコ以外の用途でスタジオを使うことはありますか?

個人的にレコーディングをしたり、オンラインでのフラメンコギターレッスンでは、海外の生徒さんにも時間を気にすることなく教えることができます。
レンタルスタジオもしているため、チェロやバイオリン、ピアノなどの楽器も置いていて、お客さんに使ってもらっています。

フラメンコスタジオ

あとはカラオケとか、ヨガなどにも使用しています。とても静かなので仮眠するのも最高ですし、天気の悪い日も母と軽くバトミントンをしたりして、ストレス解消ができますね。

スタジオの自慢のポイントがあれば教えてください。

みんなここに来て、「なんか夢みたいなお家だね」って言ってくれることが嬉しい。スタジオで音量を気にせず楽器練習ができたり、楽器練習以外でも様々な使い道があるところですね。

https://dspc.co.jp/wp-content/uploads/2022/02/logo01.png
D.S.P

インテリアにもこだわられていて、本当に夢みたいなスタジオですね!
照明や床も素敵です!

照明に関しては、こういうのがあるよってD.S.Pさんにアドバイスをいただきました。
照明の位置も結構動かしているし、明るさの調節もできるので、すごく良かったですね。フィルムを貼ったら色が変えられるということで、まだそこまではやってないですけど、これからが楽しみです。

床に関しては、踊りの先生にも相談し、床だけだと汚れがすぐ出てきてもったいないということ、長時間踊っていると硬くて足にきてしまう人もいるということで、リノリウムを敷いて緩和されるようにしました。
ライブのときはコンパネを引いて、もっと音が大きくなるようにしています。

スタジオオープン記念ライブに弊社スタッフもご招待いただきましたが、今後開催するイベントがあれば、教えてください。

今後開催予定のペーニャ(2024年度)

月2回ペーニャを企画しています。
フラメンコ愛好家たちが集まる会、みんなが参加できるライブですね。二重奏、三重奏とか、ソロで弾いたりとか。
最大20人くらいの限定人数ですが、飲食もできるスタジオということで、アットホームな感じで喜ばれています。

【過去開催イベントのご様子】 アットホームな雰囲気が魅力的ですね!

小さいお子さんがいるお客さんの場合は、2階のカフェ&バルで見たいという方もいたので、行く行くはライブ配信をしたいと考えています。
試行錯誤して、みんなで楽しく使えたらいいなと思っています。

スタジオにご満足していただいていますか?

私は仕事柄色々なスタジオに伺いますが、特に防音や反響音は他のスタジオに負けないぐらいの仕上がりで、私も母もすごく満足しております。
時間を気にせずワイワイでき、友達や音楽仲間などと共有できる時間を持てる場所があることは、最高の贅沢ですね。
D.S.Pさんに出会えなかったらと思うとぞっとするくらい、本当にD.S.Pさんにお任せしてよかったなと思っています。夢を叶えてくださってありがとうございました。

フラメンコスタジオ
https://dspc.co.jp/wp-content/uploads/2022/02/logo01.png
D.S.P

Estudio Armonia Flamenca様、本日はありがとうございました!
なにか御座いましたらいつでもご相談くださいね。
益々のご活躍をお祈り申し上げます。


photo by FUJIMAKI TSUYOSHI
https://focus-studio.jp/

TOP
CONTACT SNS