千葉県千葉市 英会話教室の防音工事とリノベーション

ニュージーランド式英会話教室「KIWI English school」
http://www.kiwi-english.com/

防音室の広さ6.0畳(内法面積)
遮音性能室内 D-45程度 / 上下階・隣戸 D-60程度 にて設計(開口部除く)

防音室の施工とリノベーションを計画された経緯

「KIWI English school」講師のM様

まず初めに「集合住宅」で英会話教室を開く計画がありました

様々な物件を検討した中から今の場所(5階建集合住宅の3階)を選びました。

物件は築36年で、ほとんどリフォームされていない状態でした。

内見の際に住居内で音がよく響いた事上下階にお住まいの方がいらっしゃる事
更には教室がスタートすれば幼児から大人までたくさんの生徒が出入りする事が想定されるため、
レッスン室を防音工事しなければと思いました。

また、自分が生活するうえで、全面畳になっていた床をフローリングに変更したり、
住居自体の使い勝手もカスタマイズしたいと思っていたので、同時にリノベーションも行いたいと考えていました。

当社に工事を依頼された理由

私のピアノの恩師(先生)であり、 
以前D.S.Pさんでピアノ室の防音工事とリフォームを行ったS先生 に、
D.S.Pさんを紹介していただいたんです。

内見に同行してくださったS先生が、その場でD.S.Pさんに電話をしたら、
すぐにスタッフの方が現地を見に来られました

  • この物件で防音室を作ることは可能
  • 見積もりは大体どれぐらいになるか等

詳しくお話を伺いました。

ご紹介者S先生のピアノ防音室

最終的にはスタッフさんの説明を聞いたうえで、その時に物件を決めて、
リノベーションと防音工事をD.S.Pさんにお願いすることにしました。

S先生の教室で防音室の性能やデザインは把握していましたし、
何より先生からの紹介なら間違いないと思ったので。

S先生とはいつ頃からのお知り合いですか?

5歳からS先生のピアノ教室で習っているので、その時からですね。
幼稚園の頃からお世話になっているので、長年培ってきた信頼関係があります。
今でも、教室コンサート等のお手伝いをさせていただいているんですよ。

防音室のご見学

前述の通り、S先生のピアノ室を何度も訪れていますので、見学の必要はありませんでした。
防音リフォーム以前の様子も見ており、元の部屋からどれだけ劇的に変わったかを知っていたので。

スタッフの対応や説明はいかがでしたか?

現地調査にもすぐに来ていただきましたし、本当に対応が速かったですね。

リフォームに関して些細なことでも、色々と気軽に相談できるところが良かったです。
教えていただいた情報をうろ覚えしていて、スタッフの方から訂正された事もありましたね(笑)

その位、情報量が豊富で心強かったです。

例えば、ドアの塗装イメージなど、判断しづらい所はスタッフの方にアドバイスをいただきました。
白の塗装が綺麗だとオススメされて、当初決めていた茶色から変更したんです。

結果的には、仰った通り白のほうが断然綺麗で、部屋にマッチしていました

プロの方の意見はさすがだなと思いましたね。

その他にも、自分で購入した家具をサービスで組立てていただいたり
工事とは関係のない部分でもたくさんのケアをしてくださいました。

リノベーションでこだわった点

英会話教室を予定している防音室と廊下の壁紙は、
ニュージーランドのイメージカラーである『緑(グリーン)』を基調にしました。

それと、キッチンには憧れだったコンベックを設置しました。
キッチンカウンターや洗面台の高さについては、私の身長に合うサイズを選びました。

また、S先生のご提案で、私が使いやすいようにと、トイレの向きを逆にしていただきました。

当初は寝室の押入れをクローゼットに変更する予定でしたが、
よく考えた結果、あまり必要ではないと思いました。

そこでD.S.Pさんに既存の押入れを潰してもらい、部屋を広くしていただきました。

工事着工から竣工までの間、現場監督や職人の対応はどうでしたか?

対応はとても良かったです。
壁紙や塗装の事で分からないことを現場監督の方にお尋ねすると、すぐに答えていただきましたね。

工事中は毎日現場を見に来ていましたが、
腕利きの職人さん達がいつもテキパキと作業を行っていらっしゃいました。

リノベーション工事後の感想

家全体が工事前より想像以上に広く綺麗になって以前の状態が思い出せない位見違えました!
工事後の自宅に初めて入った時、家具を置くのすらもったいないと思ったほどです。

リノベーション後の暮らしはいかがですか?

この家はD.S.PさんとS先生のアイデアが沢山詰まった家
本当に快適です!

コンベックを設置したキッチンもとても気に入っていて、1日に一度は磨いている程です(笑)
和室から洋室に変えたお蔭で、好きなブランドの家具が部屋によく合いますね

家具のほとんどをパイン材でまとめ、
一番お気に入りのものはニュージーランド式の英会話教室に因んで、
ニュージーランド産のパイン材をセレクトしました。

”MOMO natural”の白いキャビネット(ニュージーランド産パイン材使用)

自宅に友人を招いた時、廊下の美しさにもとても驚いていました
ダウンライトの演出配線カバーをつけていただいたお陰で、
印象的で趣のある廊下に様変わりしました。

近隣の反応

英会話教室を始めて1ヶ月ほど経ちますが、
子供たちが走り回ったり大きな声で歌っても近所の方からの苦情は全くありません

おかげさまで、子供たちが自由にのびのびと英語を学べる環境になりました。

防音室検討者へのアドバイス

  • 業者選び
  • 見学(防音工事であれば体感

本当に重要だなと思いました。

自分が選んだ業者をいくら信用していても、結果が伴っていなければ意味がありませんよね。
大がかりな工事は一度行ってしまうと元に戻すのが難しいですし。

実は、以前友人がリフォーム工事に失敗した話を聞いていました。
その友人は、知人から紹介してもらった業者で失敗してしまったそうです。

業者選びの難しさを感じました。

私も紹介を経てリノベーション工事をした訳ですが、
紹介者本人のリフォーム工事を見ていたので安心できました

やはり、実際の工事内容を見られていたこと大きな判断材料でした。

私から言えることは、たとえ知人に紹介された業者であっても、最終的には自分で業者を見極めること。

その会社のホームページを見たりして、

  • 施工事例が更新されている
  • Facebook等のSNSサービスしっかり更新されている

そういった感じですと、今の時代だと安心ですよね。

本気で向き合ってくれる会社は、スタッフさんが自分の事のように真剣にプランニングしてくれるはずです。
可能であれば、その業者が施工したり、施工中の住宅見学できるか聞いてみるのも良いと思います。

Mさま、本日はありがとうございました。
これから生徒さんも益々増えて、教室が華やかになりそうですね。